2014年05月27日

TOKYOハンドクラフトフェスI

行ってきました東京ハンドクラフトフェス。
5/24朝一番新幹線で一路錦糸町へ。

20140525_071202_resized.jpg

開始まで2時間、一人セッティングに集中していると次々と出展される製作者・企業さんが到着。
いつもネット等で拝見させていただいてる作品が展示されていきます。
そうこうしているうちにセッティング完了。あとはお客様を待つばかりです。

20140524_102450_resized.jpg

このフェスには初参加ですので要領が分かりませんが朝から精力的に見ておられるお客様の熱い視線にこちらも徐々にテンション上がってきました。

20140525_144401_resized_1.jpg

お話をさせていただいてる間に他のブースも少しですが廻りお話しもさせていただきました(画像なくてスミマセン)

20140525_100354_resized_2.jpg

お隣りのM'sクラフトさん、マコレレさんと記念にパチリ。

今回いつもブログやフェイスで繋がっていただいてる皆様に実物ウクレレを試奏いただき、生の声を聞けた事、全く初めて当ブランドに触れていただいた皆様ありがとうございました。
ご意見とても心に沁みました。今迄思い浮かべていたイメージや製作手法に道筋が見えてきた思いです。細かい事は機会ありましたらまた書きます。
二日間とても有意義でした。ありがとうございました。


posted by 家入 慈郎 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

TOKYOハンドクラフトフェアH

ラストはテナーウクレレです。

DSC02653.JPG DSC02654.JPG

今回のテーマは「和ウクレレ―柿尽くし」という事でボディは黒柿で作りました。
とても木目細かい魅力的な柄ですね
(バインディングはシャム柿)

DSC02658.JPG DSC02660.JPG

サイド・バックです。

DSC02655.JPG DSC02656.JPG

指板も個性的です。ポジションマークは5・7フレットは白鳥貝を右に、10・12フレットは左に同黒柿をいれました。
弦はLow-G(オルカス)を張りました。

このテナーはオーダー品でオーナー様のご厚意でこのフェアに出展させていただきました。
ありがとうございました。


さてこれで7本すべてご紹介させていただきました。

20140520_170031_resized.jpg

フェス会場で皆さまとお会いできる事を楽しみにしてますのでよろしくお願いします。

posted by 家入 慈郎 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

TOKYOハンドクラフトフェアG

6本目はミディアム(ソプラノとコンサートの中間サイズのロングネック)ウクレレです。

DSC02623.JPG DSC02630.JPG

ボディにかなり前に製材してシーズにングした”アッシュ”を採用。
通常と違い激しいカーリーが入ってまして、先日来られたお客様にピーナッツ(落花生)みたいと言われました。

DSC02624.JPG

白鳥貝のロゼッタ周り及びパーフリングにレッドラインを入れてみました。

DSC02625.JPG

ネックはホンジュラスマホガニー、指板及びブリッジは花梨、7フレットに白鳥貝で☆を入れ乳白色のセルを巻きました。

DSC02627.JPG DSC02628.JPG 

音色は中間音がとても心地良いです。
今回のテーマは「Pretty な Purity」です。
是非試奏してやってください。
posted by 家入 慈郎 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

TOKYOハンドクラフトフェアF

5本目もコンサートウクレレです。
テーマは「燃えるKoa」

DSC02641.JPG 
ボディTOPは5A、サイド・バックは別Koaを使用しました。

DSC02644.JPG  DSC02646.JPG

ロゼッタのアバロン貝周り・パーフリング・指板周りにレッドラインを施し、ピックガードに薄くパドゥーク材を施しました。バインディングはメイプルです。
ラッカー艶有り塗装ですが敢えて道管を出してフイニッシュしています。
結構ワイルドです。

DSC02648.JPG DSC02649.JPG   
深めの音色を得る意味でサイドは厚めにしてみました。
これも楽しみなウクレレです。
posted by 家入 慈郎 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

TOKYOハンドクラフトフェアE

出展4本目はネック・ボディ共にホンジュラスマホガニーのコンサートウクレレです。

DSC02638.JPG

ボディのにはカーリーが入ったマホガニーを採用。

DSC02633.JPG

ロゼッタ及びパーフリングには白鳥貝にグリーンラインを入れました。

DSC02636.JPG DSC02637.JPG

サイド幅を狭める事でシャープな音質を得る事が出来ました。

DSC02634.JPG
指板はカリマンタンエボニー。
演奏時の視認性を高める為にポジションマーク(白鳥貝)を3・5・7フレットは右側、10・12・14フレットは左側に配置しました。
16・17・18フレットは木製ダミーフレットです。
posted by 家入 慈郎 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

TOKYOハンドクラフトフェアD

出展ウクレレ3本目はまたソプラノです。

DSC02613.JPG DSC02618.JPG DSC02617.JPG
素材はボディに4AクラスのKoaです。

DSC02614.JPG
トップのロゼッタはアバロン貝と右側に白鳥貝で十字星をインレイ。
Koaのピックガードはオイルフイニッシュです。

DSC02615.JPG DSC02620.JPG
指板7フレットには同じく白鳥貝の三日月型を入れて月夜をイメージしてみました。
もう一本のソプラノとは対照的にシャープな音色ですので是非引き比べて下さい。
posted by 家入 慈郎 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

TOKYOハンドクラフトC

続けてハーフウクレレです。
ハーフ・・・ソプラノとコンサートの中間サイズでサイド幅が薄い、いわゆる「ウスレレ」です。

H-1.JPG
今迄私の製作したウスレレは音の立ち上がりが早く軽やかさが特徴でしたが今回はちょっと様相がちがいました。

DSC02254.JPG H-2.JPG
見比べてもらうと分かりますが少しシェイプを変えた事により低音が伸び、艶やかになったと思います。

H-4.JPG H-5.JPG
ボディ素材はカーリーの入ったアフリカンマホガニー、ネックはホンジュラスマホガニーを採用しました。
これも弾いてもらいたい一本ですのでよろしくお願いします。

posted by 家入 慈郎 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

TOKYOハンドクラフトB

東京ハンドクラフトフェア出展ウクレレを紹介させてただきます。
まずはソプラノウクレレ―
s-1.JPG s-6.JPG s-3.JPG 
オールホンジュラスマホガニーのロングネックです。

s-2.JPG s-7.JPG
トップにはピックガード風ローズウッドのインレイにターコイズブルー色のホヌを入れてみました。
ロゼッタは当工房オリジナルの「チロリアンロゼッタ」です。
ブリッジは黒檀。指板はローズウッドに白鳥貝のポジションマーク。

s-5.JPG
ヘッドにもローズウッドを貼りました。
とっても可愛いく伸びやかな音色はソロ弾きにも適していると思います。
是非弾いてやって下さい。 
posted by 家入 慈郎 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索ボックス
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。